腸内環境を整えよう

スポンサードリンク

腸内調整:はじめに

バランスよく食べることはとても大事ですが、腸の調子がよくないと食べるものも偏ってしまいがちです。

新年会から始まって送別会、歓迎会、忘年会などなど、一年を通じて何かと飲む機会が多い私たちですが、体調を崩さないように、腸の調子を整える食事などの注意点をお話ししましょう。


「腸」の話しとなると、「便」の話になります。それも「下痢」と「便秘」の話しで余りきれいなことではありませんが、大事なことですのでご容赦願います。

「便」は、その時の体調をとても正直に現しているものなので、みなさんもちゃんと自分のモノを観察してください。


 



意外と知らない「下痢のABC」

下痢は腸で水分が充分に吸収されなかったり、腸からの分泌物が増えたり、腸の蠕動(ぜんどう)が激しくなり、便の通過が早まることなどで起こります。


感染症などで起きる急性の下痢は、ここではさておき、慢性の下痢についてお話します。慢性の下痢は「ストレスや過労」「飲みすぎや食べすぎ」などによるものがほとんどなのです。

したがって、このような場合は、腸を休ませるために食事を一時中断するのが基本です。

また、食べる場合も消化しにくいものは避けて、消化にいいものを少しずつ摂るのがいいのです。イカやタコのように消化の悪いものは避け、脂っこい物も胃に負担がかかるし、ジュースやお菓子など糖度の高い食品も要注意です。

 



知って得する便秘対策

一般的に男性はストレスなどで下痢になりやすいのですが、便秘は圧倒的に女性が多いのです。

女性も第一線でバリバリ働く方が増えましたし、夜中まで仕事をして、お酒やタバコもやると言う「オヤジ化」しているし、これに加えてダイエットなどで3食きちんと食事を摂っていない人が多く、便秘が増えているようです。

 

便秘のときに硬い便をいきんですると肛門の粘膜に傷がつき、そこから便中の細菌に感染して炎症を起こし痔になりやすくなるのです。

 

 



スポンサードリンク