美肌対策

スポンサードリンク

素肌美人は健康美人!

冬になると、空気が乾燥した日が多くなり、肌もカサカサになり傷みやすくなりますが、

そもそも肌はその人のライフスタイルを映し出すと言っても過言ではありません。
エステ
どんな食事をとって何を身体に取り込むのか、

仕事や遊びなどでどのような環境にいるか、

どういった生活パターンなのか、

どういった心理状態にあるかで、

お肌の状況はすべて決まってしまうと言えるのです!(怖;;)

特に口から何を取り込むかはとても大切なことです。

美肌のために意識することは、、、


まず、第一に「水」をとりましょう。

一日約2リットル摂りましょう!

水は人が生きていく上で、欠かすことのできない基本の要素です。


水はただ水分を補給する働きだけではなく、いろいろな栄養の吸収を助け、

その栄養や酸素を細胞のすみずみまで運び、一方では老廃物を運び出し、新陳代謝を促進するのです。

一般的には料理をいただくことにより約1リットル摂取しますので

お茶やスポーツドリンクなどで1リットル摂るように心がけましょう。



第二に良質の「たんぱく質」です。

脂肪や糖分、塩分を必要以上に摂りがちな現代の食生活で、良質で低力口リーな大豆たんぱく質は安心です。

たんぱく質は、肌の結合組織の成長と、修復に必要な身体の基本となります。

例えば吸収の良い大豆ペプチドは理想的です。


さらに、栄養は胃ではなく腸で吸収されるので、元気な腸を保つために普段から腸を健康に保ってくれる、

乳酸菌やオリコ糖を摂ることも意識したいものです。

  
  

  

第三に「野菜Jです。

食物繊維の豊富な野菜を摂ることにより、腸内環境が改善されます。


また、野菜に含まれるビタミン、ミネラルは肌のいろいろな細胞の

働きを助けるだけではなく、コラーゲンやエラスチンの破壊も防ぎます。


ですから、この野菜を取ることは美しい肌をキープするためにも

健康で元気な身体を維持するためにも、欠かすことのできないものですね。

また糖分や塩分を多く含む食事はほどほどにすることが、

美しい肌のため、いや健康のためにとても大事です。


糖分は過剰に摂りすぎると、ニキピやアレルギーを誘発しやすくなりますし、

塩分はせっかくとった水分を身体に停滞させ、むくみが起きやすくなります。


以上述べましたように、健康的な美肌を作り、維持するためには

3つの要素、「水」「たんぱく質」「野菜」をしっかり摂ることが基本となります。

  
  
これらに付け加えて、日常生活では、睡眠をしっかり摂る事や身体を動かす運動なども忘れないでくださいね。

また、紫外線への注意も忘れずにケアしてください。

紫外線は肌の深くまで届き、コラーゲンを深く傷つけます。


シミだけではなく、シワの原因にもなりますし、

さらに美容だけではなく、活性酸素を増やし老化を早めます。


外で太陽に当たる時は、たとえ短時間でも十分に対策をとってください。

確かに夏よりは紫外線は少ないですが、それでも冬の紫外線を

馬鹿にしては危険ですよ!

そして、「心」を充実させるために、

あなたらしいライフスタイルを送り、心に余裕を持ちましょう!


人は誰でも容姿を気にしますが、

健康体でいるときの自然な輝きが、いちばん美しいくとても大切なことです。


笑顔を心がけるだけで、顔のシワは減るともいわれていますよ。
元気な女性


また人の脳は、楽しいから笑うだけでなく、笑顔をつくるとあとから楽しい気分を

作ることができる働きがあるとされています。


笑顔を心がけて楽しい気分で過ごしながら、素肌のために無理なく、

あなたらしくできることを毎日の生活に上手く取り入れてください。


このように、日々栄養バランスを配慮し、

運動、栄養、ストレスなど、あらゆる角度から自分をコントロールできる人が、

健康的な素肌の美しい人へと自然に近づいていけるのです。


  



お肌は繊細で複雑な臓器なのです!

ここ数年、肌や皮膚の研究が進んで、今、アジアで最も脚光を浴びている皮膚生物学者の傅田光洋先生は
 

「皮膚は単に身体を包むものではなく、色も認識し電波も発信し、情報処理も行っている臓器で思考もしている」と述べられています。
 
 
スキンケア
たしかに、「肌が合う」とか「肌で感じる」という言葉がありますけど相手の気持ちや周りの状況などを、肌が認識し何かを発信し情報処理をしていることから出た言葉かもしれませんね。


それほど肌は繊細で敏感な臓器なのですね。
 
 
 
肌や皮膚がこのようにすぐれたセンサーなのでこれらの組織をできるだけ健康に、自然な方法で保ってあげるケアをしなければいけないのです。

 

タレントの藤原紀香さんの著書「紀香バディー」では美肌はたゆまぬ日々の努力の積み重ねで成り立ち、荒れた肌にどんなメイクをしても修正できない。
 
「ビタミンをたっぷり含んだ食べ物をとり、こまめにリンパを流すマッサージ、さらに睡眠が一番の特効薬になる」と語っています。
 
 
第一に肌を健康な状態にすることが何よりの美容法であると強調されています。
 
 
「良質な睡眠をとり、規則正しく良質の栄養をとり、毎日良質の運動をする。」
 
 
こんなごく基本的なことが一番大事なことなのに、意外と軽くあしらわれていて、しっかり守られていないのが現状ではないでしょうか。。。。
 
 
それと洗顔後のケアがとても大切で、化粧水や乳液、美容液などは欠かせません。
  
繊細で敏感な臓器であるお肌を健康に保つには、7つの天然うるおい成分にたっぷりの水分を包み込んだオールインワンタイプの保湿ゲル「ナチュラルアクアクリーム水の彩」は忙しい毎日でも簡単にできるシンプルケアです。
 

 
 
オールインワンタイプですので、化粧水、乳液、美容液の3つの役割をこれ一つでOKです!
 

みなさんも、もう一度基本にもどり、今の自分の生活パターンを見直してみませんか?
 
何事も基本が大事です!
 

美しい肌は、健康な身体に宿り、健康な身体は、毎日の健康生活からくるのです。
 
もちろん、精神的なストレスも健康を害するとともに肌の大敵となることは、ご存知のとおりです。(*^^)v
 
 
 



ヒアルロン酸はハタチがピーク!ー30歳から老化が始まるー

皮質の95%を占めるコラーゲンにたっぷりの水分を蓄える役目がヒアルロン酸です。


覚えていらっしゃいますか?

皮膚を構成している3大要素「コラ・エラ・ヒアル」ですね。(*^^)v

「美肌はこうして作られる!」参照

  
縄のような「コラーゲン」をバラバラにならないように

「エラスチン」がつなぎとめ、

その固定されたコラーゲン線維の間に、

たっぷりの水分を蓄えているのが

「ヒアルロン酸」でしたね。

 
この大事なヒアルロン酸は、20歳をピークに年々減っていくのです!

 
そうです!

 
20歳を過ぎたらお肌の老化が始まるのです!!(怖!)

ヒアルロン酸とは、ムコ多糖体の一種で、

1グラムでなんとその6000倍の

6リットルの水分を保持することができるのです。


ヒアルロン酸が、真皮の細胞と細胞をつないで水を留め、

コラーゲンやエラスチンが肌のハリと弾力をつくります。


水分保湿機能をもつ成分は、肌の中にいろいろありますが、

ヒアルロン酸はとくに優れた保水性をもっています。


ヒアルロン酸が存在するのは、肌の中の真皮層ですが、

肌だけではなく、関節軟骨、脳など人間の身体には不可欠なものです。


肌の中にたくさんのヒアル口ン酸があるということは、

それだけでみすみずしい肌だということです。


赤ちゃんの肌がしっとりと弾力があるのは、

このヒアルロン酸がたっぷりあるからです。


残念ながら、ヒアル口ン酸は加齢とともに減少します。


 
ヒアルロン酸が減ると水分を保てなくなり、

シワ、たるみが目立ちはじめます。

 
ヒアルロン酸の量は0~20歳までを100%とした場合、
 
30歳 までは約70%、
 
50歳までは約40%、
 
60歳までには約25%にまで減ってしまうといわれています。


  
ヒアルロン酸が減ると、ともに肌構成しているコラーゲンも

弾力を失いやすくなり、エラスチンも減少します。

ですから、ヒアルロン酸を補うスキンケアが

とても重要になってきます。


 
最近では男性でも知っているヒアル口ン酸という成分が、

化粧品に配合され始めたのは1880 年代初め頃でした。

 
当時は鶏のトサ力等をすり潰していたため、大変高価な成分のため、

一般の化粧品ではなく、何万円もする高級化粧品のみ配合されていました。

 
保湿力のある、しっとりとした使用感が長所ですが、

湿度に反応しやすいという欠点もありました。

 
しかしバイオテクノロジーで

人工的に生産する技術が確立されてからは、

低コストで製造できるようになり、

若い世代にも好まれるさっぱりとした感触で、

化粧品やドリンク、サブリメ ント、入浴剤などにも

配合され販売されるようになりました。

 
従来の天然のものに比べて、湿度の変化による影響も受けにくく、

どんどん身近な存在になったヒアルロン酸。


  
他の美容液とは違って肌がコラーゲンを生み出し、

より透明純度の高い肌へ蘇らせる大人の美容液

イデアアクト「プラチナVCセラム」が今だけ半額キャンペーンを実施中です!
 
さらに嬉しい3つの特典つきです!
 
 
 
これからも 優れたスキンケア成分として、

活用されていきますので、女性は勿論、男性も

若々しく張りのある美しい肌をキープし

元気でスマートな毎日を過ごしましょう!!(#^.^#)

   



乾燥肌・お顔のたるみの解決策「若々しい肌は体の中から!」

お肌を美しく健康的に保つ基本は、

・顔の汚れを落とす

・水分を与える

・クリームなどで乾燥を防ぐ

の3点ですが、肌そのもの、いわゆる「皮膚」を健康的に若々しくすることが、最も大事なのです。


「皮膚」はタンパク質でできているので、まずは良質なたんぱく質を摂ることが基本になります。

しかし、1日の必要量をきちんと摂り入れている人は案外少ないのです。

1日に必要なたんぱく質の例をあげますと次のようになります。

・牛乳またはヨーグルトを1本

・卵1個

・肉と魚両方を70gづつ

・豆腐3分の1丁、または納豆1パック

これらを全部食べて、1日の必要たんぱく質の量に達します。
タンパク質の食材


さらに、これらを体内で代謝して体を作るためにはビタミンが必要です。


中でも、ビタミンB2は皮膚を形成するビタミンで「美容ビタミン」とも呼ばれていて、不足すると顔の湿疹や炎症、口角の荒れなどになりやすくなります。


ビタミンB2はレバーやウナギのかば焼き、納豆、牛乳などに多く含まれていますので、意識してとりましょう!

また、鶏レバーやウナギのかば焼きなどに多く含まれているビタミンAは、肌細胞の再生を促し、ゴワゴワした肌になるのを防ぐ働きをします。


緑黄色野菜のニンジン、ホウレンソウなどに多く含まれているベーターカロチンも、体内でビタミンAになりますのでしっかり摂りましょう。


そして、肌を乾燥させないように、保湿成分を多く含む動物性のヌルヌル・ネバネバ食品も意識してとりましょう。


これは、鳥の皮や軟骨、煮こごり、サケの中骨、フカヒレなどがお勧めです。


これらの食品を毎日の食事に全部取り入れるのは少し難しいかもしれませんので、2日か3日で取り入れるようにすれば大丈夫です。


たとえば、


朝は、パンとコーヒーだけでなく、牛乳と目玉焼きと緑黄色野菜が入ったサラダを加えましょう。

昼は、肉か魚料理に、添え物として人参のバターいためかほうれん草の炒め物に、冷奴と煮こごりをつけましょう。

夜は、鶏レバー、鶏かわ、軟骨などの焼き鶏と緑黄色野菜のサラダに、フカヒレスープが加わると完璧ですね!!(#^.^#)

  
ヒアルロン酸美潤
でも毎日の食事を考えるのも大変という方は『美人百花』で活躍中の八木橋エマさんのブログでおすすめの「ヒアルロン美潤」がいいかも。低分子ヒアルロン酸サプリなので吸収が早く効果がすぐに感じられるそうです。
 
販売から9年のロングセラーで、初めての方に安心してお飲みいただくための8日間分通常3300円のところを初回限定で送料無料500円で飲むヒアルロン酸を提供してます。
 
 
 
人間の肌は日々再生されています。

美しく若々しい肌は、健康な身体に与えられるものです!
 
 
 

バランスのとれた食事プラス、適度な運動を、続けることがとても大事ですね。
 

 
それと、気持ちの持ち方も顔の表情や肌にも現れますので、ストレスなどを上手にコントロールしていつもニコニコしていたいものですね。。。。(*^^)v
 

 
 
  



美肌はこうして作られる!

美しい肌は見ていても気持のいいものですよね。

多くの女性が美肌を目指していろいろと頑張っています。最近では、女性だけでなく男性も美肌作りに頑張っているようです。(^_^)

でも、皮膚の構造を理解して、美肌作りをしている方は意外と多くないようです。そこで、皮膚の構成要素と、それらの働きおよび代謝について学んでおきましょう。

 



スポンサードリンク