輝かしい新年を、豪華なおせち料理で迎えてみませんか!

タカシマヤおせち料理 今年のおすすめ・話題のおせち


おせち料理は、お煮しめ、きんとん、黒豆、伊達巻、ごまめ、なます、エビ、数の子、肉団子、などなど種類も多く一つ一つが手の込んでいるお料理で、作るのに大変な手間と時間がかかるものです。

高島屋


 私が子供のころ、晦日、大晦日はいつも母の手伝いをしていました。

 母は、大晦日の夜遅くまで、ときには除夜の鐘がなり

 新年を迎えても、まだ、おせち料理を作っていました。


 子供ながらになんとか楽をさせてあげたいと思っていました。。。


 今では私も社会人になり、お給料をいただくようになった数年前から

 我が家のおせち料理は、「高島屋のおせち料理」と決めています!

 伝統と技に培われてきた一流の老舗料亭の絢爛なお重や、

 有名ホテルのオードブルなど、新年を祝うおせち料理が

 バラエティ豊かにそして豪華に揃っている高島屋のおせち料理は、

 希望に満ちた新年を迎えるにピッタリなおせち料理と、

 いつも楽しみにしています。


 高島屋のおせち料理は、私から皆様に、自信を持っておすすめできます。



高島屋のおせちをカテゴリーで選択


タカシマヤ通信販売おせち料理 種類(テイスト)で選ぶ
おせちの定番の「和風」をはじめ、新しいお正月の味の「洋風」「中華風」「和洋中ミックス」まで、豊富に取り揃えましたので、きっとお気に入りのおせちに出会えることでしょう。(#^.^#)


タカシマヤ通信販売おせち料理 ブランド(お店)で選ぶ
受け継がれてきた伝統を守り続ける老舗料亭や名店の美味!
一流ホテルやレストランの有名シェフの匠の技!
こだわり続けるプロの味を新しい年とともにご家庭でご堪能いただけます。



タカシマヤ通信販売おせち料理 ボリューム(内容量)で選ぶ
ホームパーティなど、ご賞味いただく人数に応じて、様々なボリューム・バリエーションをとりそろえ、本物の美味しさをみなさまに味わっていただける、おせちをご用意いたしました。


>タカシマヤ通信販売おせち料理 ミニおせち
お二人くらいの少人数用のミニおせちにも、こだわりの老舗のお店の味をお楽しみいただけます。ご夫婦水入らずで新しい年をお迎えになるにあたって、最適なお重となるでしょう。


>タカシマヤ通信販売おせち料理 タカシマヤオリジナルおせち
毎年ご好評をいただいてる眦膕哀リジナルのおせち料理です。味わいも、彩りも、お客様がご満足いただけるように、丁寧に作りました。ここでしか味わえないオリジナルおせち料理をどうぞ!


>タカシマヤ通信販売おせち料理 お子さまおせち
お正月に小さいお子様にも楽しんでいただけるよう、ドラえもんおせち料理をご用意しました。お子様の笑顔は、お正月をさらに明るくしてくれます。


明ける年のお祝いの食卓へ、華々しい美味しさで飾る高島屋のおせち料理をぜひ、ご賞味ください。

高島屋



高島屋では、一流老舗料亭や有名ホテル、全国のおせち料理など、バラエティにとんだ品数豊富に取り揃えております。

タカシマヤおせち料理 今年のおすすめ・話題のおせち



皆様の輝かしい新年と、ご多幸を心からお祈り申し上げます。




高島屋のおせちのお申込について


・高島屋のおせちの配送日について


 高島屋のおせちの配送は、商品によって承り期間、配送地域、お届け日が異なります。ご確認の上お申し込みください。

・高島屋のおせちのお支払いについて


  ・高島屋のおせちのお支払いは、誠に勝手ながら、クレジット決済のみの承りとさせていただきます。

・高島屋のおせちのお申込み締切日


  ・高島屋のおせちのご注文の承りは12月24日(木)午前9時までですので、お早目のお申し込みをお願いいたします。
  ※お申し込み締切日は商品により上記と異なる場合がございます。
  必ず各商品の詳細画面にてご確認ください。


・高島屋のおせちの包装形態について


 ・高島屋のおせちサイト内の商品につきましては、「のしなし・簡易包装」でのお届けとなります。
 (のし、名入れ、二重包装・手提げ付等のご指定はいただけません。)

 ・高島屋のおせちを2点以上の商品をお買上げいただいた場合、別々のお届けとなります。予めご了承くださいませ。
 (1回のお申し込みでお届け先とお届け日が同一の場合、商品は別送となりますが送料は1点分のみとなります。)


・高島屋のおせちの送料について


  ・詳しくは商品詳細画面にてご確認ください。


「おせち」の豆辞典



「おせち」とは、現在では保存がきく作り置きの正月の料理のことになっていますが、これは、「神様をお迎えした新年に台所を騒がせてはならない」、という考えによるものです。
また、煮しめた保存食により女性が正月三が日に休めるように、とも言われています。台所を騒がせず、女性を休めることも目的であるため、家庭での手作りに特別な価値があるわけではないのです。
したがって近年ではデパートや料亭などのおせち料理に人気があり購入されています。 本来は「年迎え」の膳として、大晦日に食べるものでしたが、現在ではほとんどの地方で元日以降に食べるのが普通であります。ただし、北海道など一部の地方には、かつての名残りで大晦日に食べる風習が残っています。



「おせち料理」の由来は、正月元日(1月1日)も、昔から、山に帰った田の神を呼び戻すために祝われる重要な節日とされていました。現在では、一般に祝う風習のある節日は正月のみとなりました。このため、御節料理(おせちりょうり)とは、前年の大晦日までに作られる、翌年の正月のための料理(正月料理)のみを指すようになりました。

また、「御節(おせち)」とは、中国大陸から伝わった暦上の節目、季節の変わり目などにあたる節日(せちにち、節句)のことを指します。節日には祝事を行い、祝い膳がしつらえられました。このとき作られるめでたい料理が、「御節料理」と呼ばれました。

「おせち料理」の内容について、まず御節料理の基本は、お屠蘇、祝い肴三種(三つ肴)、雑煮、煮しめですが、地方により、三つ肴、雑煮、煮しめの内容は異なり、独特の伝統を守っているところもあります。

このうち、三つ肴と煮しめは、重箱に詰めて供されます。一般的には、御節料理とは、献立すべてを指すのではなく、重箱詰めされた料理のみを指すことが多いのです。重箱に詰めるのは、めでたさを「重ねる」という意味で縁起をかついだものでになっています(同様の意味合いから、雑煮もおかわりをするのが良いとされています)。

ちなみにおせち料理を詳しく記した地図を俗に「おせ地図」といいます。 一つ一つの料理は、火を通したり干したり、あるいは酢に漬けたり味を濃くするなど、日持ちするように作っています。これは、火の神である荒神を怒らせないため、正月に台所で火を使うことを避けるという平安時代後期からの風習により、正月には台所仕事をしないからです。実際には、女性を正月位は休ませるためという意味合いも大いにあります。

現在では、食品の保存技術も進んだため、生ものや珍味など、多種多様な料理を重箱に詰めて供することも多く、お節料理を自宅で作らずに既成の詰め合わせのお節料理を、食料品店、百貨店、インターネット上の店舗その他で買い求める人々も増えています。更に、首都圏の113家庭を対象とした調査では、2004年頃から正月だからといって殊更御節料理にとらわれない人も現れているようです。



御節料理(関東風)
1:えびの煮しめ、2:田作り、3:煮しめ、4:蒲鉾、5:伊達巻き、6:肴、7:昆布巻き、8:栗きんとん、9:トビコ、10:鯛の焼き物、11:数の子、12:酢の物、13:菓子、14:肴、15:黒豆、16:伊勢えびの焼き物


祝い肴三種
正月の祝に欠かせない三種類の料理で、祝い肴と餅を揃えれば最低限の正月の祝いができる。逆に、どんなに贅沢な料理を揃えても、祝い肴がないと正月の祝い膳の体裁が整わない。「三つ肴」とも言われる。


関東風
* 田作り(たづくり)
ごまめ(片口イワシの稚魚)を醤油風味の飴炊きにしたもの。田畑の高級肥料としてイワシが使われていた事から豊作を願って食べられた。

* 数の子(かずのこ)
卵の数が多いことから子孫繁栄を願って食べられた。

* 黒豆(くろまめ)
黒には魔よけの力が有るとされていたので、まめ(勤勉)に働き、まめ(健康)に暮らせることを願って食べられた。


関西風
* たたき牛蒡
形や色が豊作のときに飛んでくると伝えられている黒い瑞鳥を連想させる事から豊作を願って食べられた。

* 数の子(かずのこ)
関東と同じく、卵の数が多いことから子孫繁栄を願って食べられた。

* 黒豆(くろまめ)
関東と同じく、黒には魔よけの力が有るとされていたので、まめ(勤勉)に働き、まめ(健康)に暮らせることを願って食べられた。


口取り
紅白かまぼこ(奥)と伊達巻(手前)

* 紅白かまぼこ
祝儀用としてめでたい彩りから。元は神饌の赤米、白米を模した物。

* 伊達巻
「伊達」の由来は華やかさ派手さを表す言葉で伊達政宗の派手好きに由来することの他、諸説ある。見た目の豪華さで定番となる。巻き物(書物)に似た形から、知識が増える事を願う縁起物。関西風の御節では「だし巻」が代わりに入っていることが多い。

* 栗金団(くりきんとん)
「金団」とは黄金の団子という意味(金の布団の意味とする地方もある)で、見た目の色合いが豪華で金塊のように見えるところから定番となる。

* 昆布巻き
「よろこぶ」の語呂合わせから。

* お多福豆
文字通り福が多からんことを祈願した。


酢の物
ちょろぎは黒豆と共に盛り付けられる。

* 紅白なます
お祝いの水引をかたどったもの。

* 蕪の酢の物
* ちょろぎ
植物の根をシソ酢で赤く染めたもの。多くの場合、黒豆と共に盛り付けられる。

* 酢蓮(すばす)
レンコンの酢の物。


焼き物
* 鰤の焼き物
出世魚である事から出世を祈願したもの。

* 鯛の焼き物
元は神饌。「めでたい」の語呂合わせ。

* 海老の焼き物
ひげが長く腰が曲がっている様子が老人を連想させる事から長寿を祈願したもの。伊勢海老を使うことが多かったが、高価である為、クルマエビなどが使用されている。

* 鰻の焼き物
鰻登りから出世を祈願。ごく最近の風潮。


煮しめ
くわい(調理前の物)
* くわい
大きな芽が出ることから「めでたい」、芽が出る=出世を祈願。

* 蓮根
孔が空いていることから遠くが見えるように先見性のある一年を祈願。

* 牛蒡
* 里芋
里芋は子芋がたくさん付くことから、子宝を願って。

* 八ツ頭
小芋がたくさんつくことから、子宝、子孫繁栄を願って。また、漢字の八に「末広がり」の意味をかけて。

* トコブシ
節句の神饌の一つ。別名「フクダメ」。福が溜まる事を願って。

* 昆布


重詰め



伝統的な御節料理の重詰めには五段重を使いますが、近年では省略され三段重が利用される場合が多い。重箱に詰めるのは、めでたさを「重ねる」という意味で縁起をかついだものです(同様の意味合いから、雑煮もおかわりをするのが良いとされている)。
重箱は上から順に一の重、二の重、三の重、与の重、五の重と数えます。四段目が与の重(よのじゅう)と呼ばれるのは四(し)が死を連想させ縁起が悪いと考えられているためであります。
詰め方は地域や家風によっても異なりますが、おおむね以下のようになっています。なお、四段重が正式であるといわれる場合もありますが、これは控えの重(五の重)を省略した形となります。

五段重

* 一の重 - 祝肴
* 二の重 - 酢の物、口取り
* 三の重 - 焼き物
* 与の重 - 煮物
* 五の重 - 控え(何も詰めない)

五の重が空になっているのは、現在が満杯(最高)の状態ではなく将来さらに繁栄し、富が増える余地があることを示している。

三段重

* 一の重 - 祝肴、口取り
* 二の重 - 焼き物、酢の物
* 三の重 - 煮物

タカシマヤおせち料理 今年のおすすめ・話題のおせち
高島屋のおせちのご注文の承りは12月24日(土)午前9時までですので、お早目のお申し込みをお願いいたします。

大丸のお歳暮は皆様に喜ばれるお歳暮です。  お歳暮は高島屋・高島屋お歳暮情報 伊勢丹のお歳暮情報  大丸のおせちは皆様に喜ばれるおせちです おせちは伊勢丹!伊勢丹のおせち料理情報